名球会会員選手名鑑

GOLDEN PLAYERS CLUB PLAYER DIRECTORY

7

加藤 秀司

かとう ひでじHideji Kato

加藤秀司

長打力のあるシェアなバッティングが持ち味

1966年から3年連続してドラフト指名されたが2年間は松下電器へ、3年目に阪急ブレーブスへ入団。1971年のシーズンから3番打者として本格デビュー、監督推薦ながらオールスター戦に初出場し第3戦ではMVPに、公式戦終了時には.321を打ち打率2位の成績を残した。チームもこの年リーグ優勝、1973年と1974年(2位)以外1978年までに6回のリーグ優勝、3回の日本一を経験、個人でも首位打者、打点王、ダイヤモンドグラブ賞、ベストナイン受賞と毎年好成績を残した。ケガ、病気とアクシデントもあり後半は広島、近鉄、巨人、南海と移籍したが2000本安打達成を機に1987年、19年間の選手生活にピリオドを打った。

生年月日 1948年 5月 24日
出身地 静岡県
出身校 PL学園(→松下電器)
ポジション 内野手
 
 

球歴

1969〜1982 阪急ブレーブス
1983 広島東洋カープ
1984〜1985 近鉄バファローズ
1986 読売ジャイアンツ
1987 南海ホークス
1987 現役引退
1995~1997 日本ハムファイターズ打撃コーチ
2002~2003 サーパス神戸コーチ
2004~2005 サーパス神戸監督
2016~2017 中日ドラゴンズ打撃コーチ

成績

打率 .297
出場試合 2028
打数 6914
安打 2055
本塁打 347
打点 1268
得点 1031
四球 807
三振 1067
盗塁 136
死球 75
失策 134
2000本安打達成 1987.5.7

獲得したタイトル

1975 MVP 1回
1973、1979 首位打者 2回
1975、1976、1979 打点王 3回
1976、1977、1979 ベストナイン 5回
1975~1977 ゴールデングラブ賞 3回
1979/6 月間MVP 1回

記録

1971、1973~1977(5年連続)、1979~1981 シーズン打率ベストテン入り  9回
1971、1973~1977(5年連続)、1979~1981 シーズン打率3割  9回
1971~1982(12年連続)、1983、1985 シーズン100安打以上 14回
1979、1980 シーズン150安打以上 2回
1979 シーズン100打点以上 1回(104点)
1971、1973、1975、1976、1978~1980(3年連続)、1982 シーズン80打点以上  8回
1971、1979 シーズン80得点以上  2回
1971、1973、1975、1976、1978~1980(3年連続)、1982、1985 シーズン本塁打20本以上  9回
1975、1979 シーズン本塁打30本以上 2回
1975、1976、1979 塁打最多打者 3回
1971、1979 二塁打最多打者 2回
1975 長打率最高打者 1回(.572)
1979 安打最多打者 1回(163本)
1973/5/18,1979/4/9 1試合6打点 2回
1974/5/12(対太平洋)、1982/10/8(対南海) 1試合5安打 2回
1972/7/28~8/2 6試合連続二塁打
1976/9/7~14、1978/5/4~12 4試合連続ホームラン 2回
1979/5/9~18 9試合連続打点
1984/6/9(対南海) 満塁サヨナラホームラン
満塁ホームラン 5本
サヨナラホームラン 3本
代打ホームラン 2本
二塁打 367本
 

その他

日本シリーズ 6回出場(1971、1972、1975~1978)
[シリーズ記録]
32試合出場、打率.212
2打席連続ホームラン(1972第3戦)
1試合一塁手として19刺殺(1972第3戦)
6試合シリーズ中8補殺(1975)
オールスター 11回出場 (1971、1973~1982)
[オールスター記録]
31試合出場、打率.207、3死球
MVP 1回(1971)

あなたのログイン情報を使ってログイン

あなたの詳細を忘れましたか?