CONTENTS

投手 打者 名誉会員 入会候補選手

東尾 修
生年月日
1950.5.18
出身地
和歌山県
出身校
箕島高校
在籍球団
西鉄〜太平洋〜クラウンライター〜西武
背番号
21
ポジション
投手
利き腕
右投右打
通算成績
251勝247敗23セーブ・奪三振1684・防御率3.50
一言メモ
西武黄金時代を支えたエース。 与四球記録もマーク。

ライオンズ一筋、ケンカ投法で黄金期に導いた男

1968年西鉄ライオンズから1位指名され入団したものの弱小球団からなかなか脱却できず14年目にして初めて日本シリーズの晴れ舞台が回ってきた。その14年間にチームは常にBクラスの中でも2年前には2ケタ勝利と地味ながら着実に成績を伸ばし1975年には23勝をあげ(個人ではリーグ1位)チームも3位と久々のAクラス、その後再びBクラスに低迷の中1977年100勝、1980年150勝と、一人孤軍奮闘しながら希望をつなぎ、ついに1982年にはシリーズ初優勝。1984年を除き引退の1988年までに6回のリーグ優勝、4回の日本一とライオンズの黄金期をささえ20年の選手生活に幕を下ろした。

球 歴

  • 1969 西鉄ライオンズ入団
  • 1973 太平洋クラブ・ライオンズ
  • 1977 クラウンライター・ライオンズ
  • 1979 西武ライオンズ
  • 1988 現役引退
  • 1995〜2000 西武ライオンズ監督

成 績

  • 生涯防御率 3.50(4086投球回数)
  • 697試合
  • 251勝
  • 247敗
  • 247完投
  • 34完封
  • 33無四死球
  • 1102与四球
  • 1684奪三振
  • 4095被安打
  • 165与死球
  • 412被本塁打
  • 23セーブ

  • 200勝達成 1984.9.15

獲得したタイトル

  • MVP 2回(1983、1987)
  • 最多勝 2回(1975、1983)
  • 最優秀防御率 1回(1983)
  • ベストナイン 2回(1983、1985)
  • ゴールデングラブ賞 5回(1983〜1987)
  • 月間MVP 2回(1980/8、1982/4)

日本記録

  • 与死球、通算165

主な記録

  • 1シーズン20勝以上 2回(1975、1978)
  • 1シーズン10勝以上 6年連続合計14回(1970、1972、1973、1975〜1978、1980、1982〜1987)
  • 開幕から10連勝(1985/4/17対南海〜6/22対近鉄)
  • 8連勝 2回(1975/8/2〜28、1978/5/19〜6/24)
  • 奪三振最多投手 1回(1975/154個)
  • 1シーズン100奪三振以上 3年連続合計6回(1971〜1973、1975、1977、1978)
  • 防御率ベストテン入り 4年連続合計8回(1975、1978、1980、1982〜1985、1987)
  • 開幕投手 4年連続合計10回(1975〜1977、1979〜1981、1984〜1987)
  • 開幕戦 通算2勝
  • 開幕戦 通算7敗(パ・リーグ記録)
  • 登板最多投手 2回(1971、1975)
  • 完投数最多投手 2回(1975、1984)
  • 1シーズン 28完投(1978/パ・リーグ2位)
  • 完封勝利最多投手 3回(1975、1983、1985)
  • 2試合連続完封勝利(1975/4/15対ロッテ、4/19対阪急)
  • 2試合連続無四死球試合(1980/8/12対ロッテ、8/18対阪急)
  • 対戦打者数最多投手 4回(1972、1975、1978、1984)
  • 投球回数最多投手 4回(1972、1975、1978、1984)

その他

  • 日本シリーズ6回出場 18試合/防御率1.79(1982、1983、1985〜1988)
  • シリーズMVP 1回(1982)
    通算 4セーブ
    6試合シリーズ中 防御率0.00(1982)
    シリーズ最小自責点0(1982)
  • オールスター10回出場 12試合/防御率1.61(1972、1973、1975、1976、1978、1982、1984〜1987)
  • 野球殿堂入り(2010)