CONTENTS

投手 打者 名誉会員 入会候補選手

村山 実
生年月日
1936.12.10 (1998.8.22逝去)
出身地
兵庫県
出身校
関西大学
在籍球団
阪神
背番号
11(阪神タイガース永久欠番)
ポジション
投手
利き腕
右投右打
通算成績
222勝147敗・奪三振2271・防御率2.09
一言メモ
ザトベック投法を武器に投げまくった熱血漢。

ザトベック投法、マウンドで泣いた熱血漢

関西大学時代に大学日本一、プロ入り1年目新人王は逃したものの18勝10敗、防御率1.19で沢村賞、防御率No.1となる。デビュー戦で金田と投げ合い初登板を完封勝利で飾る。その後もフォークボールを武器に投げまくり、1962年自己最高の25勝をマーク、小山、バッキーらとともに優勝に貢献しMVPとなる。ずんぐりした体でリズミカルに投げる彼のピッチングはオリンピック2連勝長距離ランナー、ザトベックにちなみ、ザトベック投法と呼ばれた。打たれても押さえても、感情をストレートに表わすピッチングは人気があった。
巨人黄金時代にONのストッパーとしてマウンドを死守、長嶋から1500奪三振、王に対しては打率0.243と投げ勝っている。ちなみに大卒の投手で200勝以上は彼一人である。

球 歴

  • 1959 大阪(阪神)タイガース入団
  • 1972 現役引退(1970〜1972年は監督を兼任)
  • 1988〜1989 阪神タイガース監督

成 績

  • 生涯防御率2.09(3050−1/3投球回数)
  • 509試合
  • 222勝
  • 147敗
  • 192完投
  • 55完封
  • 32無四死球
  • 639与四球
  • 2271奪三振
  • 2271被安打
  • 57与死球
  • 209被本塁打
  • 807失点

  • 200勝達成 1970.7.7

獲得したタイトル

  • 獲得したタイトル MVP1回(1962)
  • ベストナイン 3回(1962、1965、1966)
  • 最多勝 2回(1965、1966)
  • 最優秀防御率 3回(1959、1962、1970)
  • 最優秀勝率(1970)

セ・リーグ記録

  • 1シーズン防御率0.98(1970)

主な記録

  • ノーヒット・ノーラン試合(1959/5/21対巨人/同時に毎回奪三振も記録)
  • 1安打試合 3回(1959/6/21対国鉄,1965/5/30対広島,1966/10/3対大洋)
  • 防御率ベストテン入り 3年連続合計8回(1959.1961.1962.1965.1966.1968〜1970)
  • 1シーズン防御率1.19(1959/セ・リーグ2位)
  • 1シーズン20勝以上 3年連続合計5回(1961、1962、1964〜1966)
  • 1シーズン10勝以上 10年連続合計11回(1959、1961〜1970)
  • 11試合連続勝利(1968/7/10対大洋〜9/7対中日)
  • 完封勝利最多投手 3年連続3回(1964〜1966)
  • 奪三振王 2回(1965.1966)
  • 1シーズン200奪三振以上 5回(1959、1961、1962、1965、1966)
  • 1シーズン100奪三振以上 12年連続12回(1959〜1970)
  • 7連続奪三振(1960/4/16対巨人)
  • 2ケタ失点で勝利投手(1970/5/31、10失点対東京)
  • 毎回奪三振 1回(1959/5/21対巨人)
  • 44イニングス連続無失点(1970/10/1対大洋,1971/6/1対広島)
  • 同一カードで42イニングス連続無失点(1969/8/6〜1971/8/25対ヤクルト)
  • 新人で33イニングス連続無失点(1959/9/30対広島〜10/22対中日)
  • 開幕投手 3年連続合計5回(1960、1964、1966〜1968)
  • 完投数最多投手 2回(1965、1966)
  • 投球回数最多投手 3回(1962、1965、1966)
  • 投球回数300イニングス以上 2回(1962、1965)
  • 投球回数200イニングス以上 3年連続合計7回(1959、1961、1962、1964〜1966、1969)
  • 無四死球試合最多投手 1回(1966/9試合)

その他

  • 日本シリーズ2回出場 9試合/3.48(1962、1964)
  • 7試合シリーズ中 6登板(1962)、3敗(1964)
    5連敗(1962第6.7戦〜1964第1.4.7戦)
    打者一人に投げて勝利投手(1962第1戦)
    連続7イニングス無走者(1962第2戦/1〜7回)
  • オールスター8回出場 12試合/防御率2.00(1959〜1961、1964〜1967、1969)
  • 通算7先発
  • 沢村賞 3回(1959、1965、1966)
  • 野球殿堂入り(1993)