CONTENTS

投手 打者 名誉会員 入会候補選手

稲尾 和久
生年月日
1937.6.10 (2007.11.13逝去)
出身地
大分県
出身校
別府緑ヶ丘高校
在籍球団
西鉄
背番号
24
ポジション
投手
利き腕
右投右打
通算成績
276勝137敗・奪三振2574・防御率1.98
一言メモ
「神様、仏様、稲尾様」とまであがめられた西鉄の大黒柱。

鉄腕稲尾、打倒巨人で3年連続日本一の立役者

デビューの年後半から大活躍、21勝6敗、防御率1.06の好成績で新人王を獲得。翌年2年目のジンクスを破る35勝をマーク、特にシーズン20連勝という日本プロ野球新記録を打ち立てた。1956〜1958西鉄の大黒柱として3年連続の日本一に。「神様、仏様、稲尾様」とあがめられた。1961年には最多勝の42勝をあげる。最近は中4日の登板が常識なのに、稲尾は連投に次ぐ連投と、スタミナ旺盛な大投手の少なくなかった当時でも彼の投球回数の多さは異常に目立った。1958年西鉄逆転優勝の終盤14連勝したが、その内稲尾は9連勝で8勝1分。7日間9ゲーム44イニング自責点3。1958年日本シリーズ、西鉄3連敗のあと稲尾一人で4勝を稼ぎ、逆転日本一に。

球 歴

  • 1956 西鉄ライオンズ入団
  • 1969 現役引退
  • 1970〜1974 西鉄(太平洋)ライオンズ監督
  • 1978〜1980 中日ドラゴンズピッチングコーチ
  • 1984〜1986 ロッテオリオンズ監督

成 績

  • 生涯防御率1.98(3599投球回数)
  • 756試合
  • 276勝
  • 137敗
  • 179完投
  • 43完封
  • 34無四球
  • 2574奪三振
  • 719与四球
  • 73与死球
  • 199被本塁打
  • 2840被安打
  • 944失点
  • 8年連続20勝(1956〜1963)
  • 31年21勝6敗
  • 32年35勝6敗
  • 33年33勝10敗
  • 34年30勝15敗
  • 35年20勝7敗
  • 36年42勝14敗
  • 37年25勝18敗
  • 38年28勝16敗

  • 200勝達成 1962.8.25

獲得したタイトル

  • 新人王(1956)
  • MVP 2回(1957、1958)
  • 最優秀投手賞 2回(1957、1958)
  • 最多勝 4回(1957、1958、1961、1963)
  • 最優秀防御率 5回(1956〜1958、1961、1966)
  • 最高勝率 2回(1957、1961)
  • ベストナイン 5回(1957、1958、1961〜1963)

日本記録

  • 開幕戦 2年連続完封(1961、1962)
  • 1シーズン78試合登板(1961)
  • 1シーズン40勝以上 1回(1961/42勝)
  • 1シーズン30勝以上 3年連続合計4回(1957〜1959、1961)
  • 1ヶ月 11勝(1962、8月)
  • 20連勝(1957/7/18〜10/1)
  • 同じ球場で17連勝(1957、1958/平和台球場)
  • 同じカードで22連勝(1956〜1959/近鉄戦)

パ・リーグ記録

  • 1シーズン350奪三振 1回(1961/353個)
  • 1シーズン300奪三振 2年連続合計3回(1958、1959、1961)
  • 1シーズン防御率1.06(1956)
  • 1シーズン20勝以上 8年連続合計8回(1956〜1963)

主な記録

  • 1安打試合 4回(1956/6/21、7/7対近鉄戦、1957/7/6、1958/8/10対阪急戦)
  • 奪三振最多投手 3回(1958、1961、1963)
  • 防御率ベストテン入り 8年連続合計11回(1956〜1963、1965、1966、1968)
  • 新人で20勝以上(1956/21勝)
  • 新人で防御率1位(1956/1.06)
  • 開幕戦4年連続完投(1960〜1963/歴代2位)

その他

  • 日本シリーズ 4回出場18試合/2.45(1956〜1958、1963)
  • 通算、11勝、9完投、84奪三振
    シリーズMVP 1回(1958)
    1ゲーム7失点(1963)
    最優秀投手賞 3回(1956〜1958)
    敢闘賞 2回(1956、1963)
  • オールスター 7回出場 12試合/2.16(1957〜1959、1961〜1963、1966)
  • 連盟特別表彰 2回(1957、1961)
  • 野球殿堂入り(1993)