CONTENTS

投手 打者 名誉会員 入会候補選手

大杉 勝男
生年月日
1945.3.5 (1992.4.30逝去)
出身地
岡山県
出身校
関西高校(→丸井)
在籍球団
東映〜日拓・日ハム〜ヤクルト
背番号
8
ポジション
内野手
利き腕
右投右打
通算成績
安2228・本486・点1507・率.287
一言メモ
両リーグで1000本安打をマークしたただ一人の打者。

史上唯一のセ・パ両リーグで各1,000本安打

昭和40年、テスト生として東映フライヤーズに入団し、2年間で本塁打わずか9本だった大杉が、3年目にして世間の注目をあびはじめた。1967年の5月の対南海戦で林から両リーグトップの13号本塁打を放った頃だ。その年のオールスター第3戦で当時話題のルーキー阪神の江夏から満塁本塁打を打ち、MVPに輝く。1970年、対西鉄戦で走者、ボレスと接触。口論の後、ボレスを一発KOするという武勇伝を残す。それとは対照的に1972年7月のオールスター戦では本塁打を打ち、前代未聞の「観客への投げキッス」を披露。1983年、史上唯一の「セ・パ両リーグで各1000本安打」を達成。同年、「セ・パ両リーグで各200本塁打」まであと1本まで迫って無念の引退に。「僕はかすみ草」との名語録を残す。

球 歴

  • 1965 東映フライヤーズ入団
  • 1973 日拓ホームフライヤーズに移籍
  • 1974 日本ハムファイターズに移籍
  • 1975 ヤクルト・スワローズに移籍
  • 1983 現役引退
  • 1990〜1991 大洋ホエールズの打撃コーチ団

成 績

  • 2割8分7厘
  • 2235試合
  • 7763打数
  • 2228安打
  • 486本塁打
  • 1507打点
  • 1080得点
  • 713四球
  • 1116三振
  • 32盗塁
  • 85死球

  • 2000本安打達成 1981.7.21

獲得したタイトル

  • 本塁打最多打者 2回(1970、1971)
  • 得点打最多打者 2回(1970、1972)
  • ベストナイン 5回(1967、1969〜1972)
  • ゴールデングラブ賞(1972)
  • 日本シリーズMVP(1978)

日本記録

  • サヨナラ安打 1シーズン5本(1969)
  • 犠飛 1シーズン15本(1970)

セ・リーグ記録

  • サヨナラ本塁打 1シーズン3本(1969)

両リーグ記録

  • セ・パ両リーグ1000試合以上出場(セ・・・1027試合・パ・・・1208試合/プロ唯一)
  • セ・パ両リーグ1000本安打以上(セ・・・1057本・パ・・・1171本/プロ唯一)
  • セ・パ両リーグ150本塁打以上(セ・・・199本・パ・・・287本)

主な記録

  • 打率ベストテン入り 4年連続合計9回(1967、1969〜1972、1977、1978、1980、1981)
  • 打率3割マーク 3年連続合計7回(1970、1971、1976〜1978、1980、1981)
  • 1シーズン40本塁打以上 3年連続合計3回(1970〜1972)
  • 1シーズン30本塁打以上 6年連続合計8回(1968〜1973、1977、1978)
  • 6試合連続本塁打(1973/10/2〜9)
  • 1ヶ月15本塁打(1972/5)
  • 1試合3本塁打 2回(1970/8/6、1983/6/18)
  • サヨナラ本塁打 1シーズン3本(1969)
  • 安打最多打者 1回(1971)
  • 1シーズン150安打以上 3回(1970、1971、1978)
  • 塁打最多打者 2回(1970、1971)
  • 塁打 通算4030
  • 長打率最高打者 1回(1970)
  • 1シーズン100打以上 3年連続合計4回(1970、1971、1972、1977)
  • 1シーズン129打点(1970)
  • 890試合連続出場(1968/9/21〜50.8/20)
  • 犠飛最多打者 3回(1970、1974、1977)
    犠飛 1シーズン15本(1970)

その他

  • 日本シリーズ1回出場(1978)
  • オールスター戦8回出場(選出は9回だが事故のため辞退。1980)
  • (1967、1969、1970、1972、1973、1974、1977、1981)
  • 野球殿堂入り(1997)