CONTENTS

投手 打者 名誉会員 入会候補選手

高木 守道
生年月日
1941.7.17
出身地
岐阜県
出身校
県立岐阜商業高校
在籍球団
中日
背番号
1
ポジション
内野手
利き腕
右投右打
通算成績
安2274・本236・点813・率.272
一言メモ
天性のカンと努力を重ねて磨きあげ、 走っては盗塁王、打っては2000本安打でチームの牽引者として活躍。

打ってよし、走ってよし、守ってよしのいぶし銀

公式戦初打席でホームラン(1960.5/7)するも、その後パッとしなかったが1962年、2割8分を打ち頭角を表わす。翌年50盗塁で盗塁王を獲得、中日のトップバッターとして活躍。1965年初の3割、2年連続の盗塁王となった。1978年4/5日対広島戦で史上11人目の2000本安打を達成、「むっつり右門」とあだ名されたくらい無口だったがチームの牽引者として活躍。天性のカンと努力を重ねて磨きあげた。バックトス、グラブトスなど守りは絶品、攻、走、守、3拍子そろったトップバッターであった。

球 歴

  • 1960 中日ドラゴンズ入団
  • 1980 現役引退
  • 1981〜1982 中日ドラゴンズ守備コーチ
  • 1983〜1985 中日ドラゴンズ二軍監督
  • 1986 中日ドラゴンズ監督代理
  • 1992〜1995 中日ドラゴンズ監督
  • 2012〜2013 中日ドラゴンズ監督

成 績

  • 生涯打率 2割7分2厘
  • 2282試合
  • 8367打数
  • 2274安打
  • 236本塁打
  • 813打点
  • 1120得点
  • 434四球
  • 819三振
  • 369盗塁
  • 56死球
  • 286失策


  • 2000本安打達成 1978.4.5

獲得したタイトル

  • 盗塁王 3回(1963、1965、1973)
  • ベストナイン 7回(1963〜1967、1974、1977)
  • ゴールデングラブ賞 3回(1974、1977、1979)

日本記録

  • 4打席連続ホームラン(1977/6/12〜14)
  • 二塁手最多出場 通算2179試合
主な記録
  • 打率ベストテン入り 4年連続合計6回(1964〜1967、1973、1975)
  • 打率3割マーク 3回(1965、1966、1979)
  • 1シーズン100安打以上 9年連続合計15回(1963〜1967、1969〜1977、1979)
  • 1シーズン20ホームラン以上 2回(1969、1977)
  • プロ初打席ホームラン(1960/5/7対大洋戦)
  • サヨナラホームラン 通算4本
  • 三塁打最多打者 1回(1963/6本)
  • 1試合5盗塁(1964/8/5対大洋戦)
  • 1シーズン40盗塁以上 3年連続3回(1963〜1965)
  • 1シーズン二塁手最高守備率 2回(1969、1971)
  • 1シーズン二塁手最多守備機会 8回(1963、1964、1966、1967、1969、1970、1974、1979)

その他

  • 日本シリーズ1回出場 5試合/0.364(1974)

  • 初回表裏先頭打者ホームラン(歴代/9人)
  • オールスター4回出場、12試合/0.192(1966、1967、1973、1979)
  • 特別連盟表彰1回(1980/功労賞)
  • 野球殿堂入り(2006)