日本プロ野球名球会は、1978年7月24日にメンバー18名*により創設され、その活動は、社会の恵まれない方々への還元と日本プロ野球界の底辺拡大に寄与することを目的に、長年にわたってチャリティイベント、野球教室、親善試合、講演会などの社会活動を行ってきました。

日本では、長年育まれてきた野球文化を背景に、プロ野球は青少年に対し大きな影響力を持っています。そこで、名球会会員は野球を通じて得た経験をもとに、青少年の健全な育成に情熱を注ぎ貢献してきました。また、昨今の社会情勢に対応して、東日本大震災の仮設住宅に暮す被災者の方々の支援活動やアジアにおける野球振興活動など、名球会の活動は一層幅広く、誰もが安全に安心して野球を楽しめる、よりよい社会づくりに貢献できたらと願い活動しております。そして、このような名球会の活動が、日本のプロ野球界をさらに大きく飛躍させる力になると信じるとともに、多くの選手たちが、今日も輝かしい栄光を目標に名球会を目指して頑張ってくれることを心より願っております。

投手の稲尾和久、梶本隆夫、金田正一、小山正明、鈴木啓示、皆川睦雄、村山実、米田哲也
野手の江藤慎一、榎本喜八、王貞治、高木守道、土井正博、長嶋茂雄、野村克也、張本勲、
広瀬叔功、山内一弘(あいうえお順)



顧問 王 貞治